HOME>info>【魅力満載】アルミ鋳物について確認しよう

便利なアルミ鋳物

アルミ鋳物には、多くの魅力があります。そのため、生活の色々な場面で役立っています。小さな部品から建造物の一部まで、多くのアルミ鋳物が使われています。まずは、アルミ鋳物がどのようなところで使われているか確認してみましょう。アルミ鋳物製品の購入を考えている場合は、専門業者への依頼がおすすめです。

アルミ鋳物の使用例

  • 門の扉
  • 機械部品
  • 医療器部品
  • 自動車の部品
  • カーテンウォール
  • ドア
  • フェンス
  • 手すり
  • レリーフ
アルミ

アルミ製品の製造方法

アルミ鋳物は数種類の方法がありますが、基本的な製造方法は同じです。それは溶かしたアルミを型に流し込み固めて、型を取り外し加工するということです。方法の違いは型の種類によって異なってきます。製品が少数で良いのか大量生産が必要なのか、または、精度がどの程度必要なのか、などによって異なります。主な方法は砂型鋳造、金型鋳造、ダイカスト鋳造に分類できます。砂型鋳造とは木型や金型などによって溶けたアルミを注入する砂を造形する方法です。砂型鋳造の特徴は多品種少量生産や、大型の鋳物に適していることです。特に木型で砂を造形すると非常に安価にできます。一方、砂が型になることを考えると型が弱いので大量生産には向いていません。さらに、精度を求める製品にも向いていません。

一般的なアルミ製造

次に金型鋳造と言われるアルミ鋳物方法です。これはアルミを流し込む型を鉄で作ります。製品の形状が比較的簡単で大量生産する場合に適しています。金型鋳造の特徴は、砂に比べて強度や精度に優れていると言えます。最後はダイカスト鋳造と言われる方法です。ダイカストとはとは鋳型を利用する鋳造です。具体的には型を鉄で作り圧力でアルミを流し込みます。圧力をかけるのは型の空間が注ぎ口より上部にあることに対応することと、細かい部分までアルミが流れ込むことために必要です。これによりダイカスト鋳造の特徴は、精度が高く、加工後の仕上げを減らすことができて大量生産に適しています。

広告募集中